ドアノブの向きを90度回転|子供にドアを開けさせない、いたずら防止に

「子供がドアを開けて、どこかに行ってしまう!」

「ハンドル式のドアだから、少し手が届いただけでドアが開いてしまう。」

このドアが開かなかったら、階段も登らないし玄関にも行けないし、安心して過ごせるのに。

私は3歳と1歳の2人の子供を育てています。

歩けるようになった子供に成長を感じるものの、危険がまだわからない子供たちを安全に過ごせる家にするにはどうすればいいのか考えてきました。

子供がドアを開けずに、安全に過ごすことができるように、リビングのドアノブを90度回転させることにしました。

たった5分でできるこの方法を紹介します。

目次

リビングのドアノブを90度回転させる方法

必要なものは、ドライバー1本

ドアノブの下か横にねじがついているので、それを緩めます。

ドアノブ

緩めたねじを取った後、ドアノブを引っ張ります。

ドアノブを引き抜く

ドアを開けた状態で作業しないと、開け閉めできなくなります。

反対側のドアノブも、引き抜きます。

ドアノブを外した状態はこう。

ドアノブを外した状態

外したドアノブはこんな感じ。

外したドアノブ

ドアノブを90度回転させた結果

ドアノブを90度回転させたことで、持ち手部分が高くなり、1歳児には届かなくなりました。

ドアの向こうで立ち尽くす1歳児

3歳の娘は、難なく開けることができます。

3歳は届くドアノブ

1歳の息子は、リビングから出ることができなくなり、階段に上ったり、脱衣所に行ったりという危険がなくなりました。

ただし、この方法は身長が伸びるまでの一時しのぎですので、安全に過ごす対策はしてくださいね。

ベビーズゲイト123 ベビーゲート(1個)【日本育児】
created by Rinker

ベビーゲートも一緒に置くと、さらに安全になります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

中部地方で子育て中のママです。
セキスイハイムのグランツーユーvに2017年12月より入居中。
家づくりのこと、子育てに関することを発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる