新築住宅にエアコンを取り付けるときに知っておきたいこと

エアコン

新築で注文住宅を建てるときに、冷暖房をエアコンにすると決めました。

エアコンは自分では簡単に取り付けできませんよね。

ハウスメーカーに頼むのか、施主支給にして、自分で手配するのか迷いました。

我が家は新築を建てるときに、ハウスメーカーにお願いして、リビングに大型エアコン1台をお願いしました。

この記事では、実際、エアコンを取り付けるときに、迷ったこと、営業さんと相談したことを紹介していきます。

目次

新築住宅でエアコンをつけるときに、ハウスメーカーにお願いする場合

我が家は、新築で家を建てたときに、エアコンもハウスメーカーで手配しました。

みーな

ハウスメーカーにお願いすると高くない?

ハウスメーカーと、家電量販店と見積をお願いしました。

やはり、ハウスメーカーの方が少し高く見積もりが出てきました。

新築注文時に、エアコンをハウスメーカーに取り付けてもらうメリットもたくさんあります。

  • 複数台注文の場合割引が大きい
  • 引き渡しと同時にエアコンを利用できる
  • 隠ぺい配管が可能
  • 配管工事のトラブルが少ない
  • 何かあれば、ハウスメーカーに問い合わせできる

逆にデメリットもあります。

  • 家電量販店より高い
みーな

デメリットが少ない・・・・。

デメリットが少ないですが、値段に関する一番大事なところですよね。

我が家はハウスメーカーでお願いしましたが、後悔はしていません。

新築で注文するときに、エアコンを取り付けない部屋にも、壁の補強とエアコン用のコンセントをあらかじめハウスメーカーにお願いしておくと、後々エアコンの取り付けを考えやすくなります。

後から取り付ける場合、カーテンレールや窓に干渉しないように、間取りを考える必要があります。

▼唯一エアコンをつけているリビングの記事はこちら

新築住宅で、エアコンを後付けする場合

新築住宅で、エアコンを後付けする場合、

  • 家電量販店
  • エアコン取付業者

主にこの2択があります。

私の友人が、後付けでエアコンを取り付けた時に、家電量販店にお願いしたそうですが、配管のすき間風があると言っていました。

エアコンをハウスメーカー以外に取り付けてもらう場合の保証問題として

  • 雨漏り
  • 気密性の低下
  • 室外機の設置不良
  • 必要な柱や筋交いを痛めてしまう

などがあります。

家電量販店でエアコンを購入するのは、圧倒的に安いです。

どのお店で買うにしても、取り付け工事に関する保証をしている会社が安心ですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

中部地方で子育て中のママです。
セキスイハイムのグランツーユーvに2017年12月より入居中。
家づくりのこと、子育てに関することを発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる